短期的には、株価は投資家の心理で決まる特徴があります。

よって投資家心理を分析すると、株価が上がる時/下がる時の特徴がわかります。

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

底値や、高値の判断も、投資家心理から、わかるよ


僕の資産運用ノート
僕の資産運用ノートには、こう書かれています。

この記事を書いた僕のプロフィールはコチラ→30代で【うつ病→失業→その後】なんとか生きてる【僕のノート】プロフィール

★デイトレード★
【永久保存版】デイトレで勝つ方法!勝てるようになるまでの11カ月間の全記録

株価が上がる仕組み

株価チャート上がり
株価が上がる時/株価が上がる時期は「株を買いたい人が、売りたい人より多い」わけです。

株価は需要と供給で決まるからです。

株価が上がる仕組みも、需要と供給であり【株式投資の本質】の1つが「需要と供給」にあります。

以下の記事のとおりですね。

株価の決まり方!初心者向けわかりやすく【売りたい人/買いたい人】需要だよ

読者読者

「買いたい人50人」と「売りたい人50人」なら、株価は動かないわね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

「買いたい人70人」で「売りたい人30人」と需要と供給のバランスが崩れた時に株価は動くよ


読者読者

株価が上がる仕組みは、供給(売り)より、需要(買い)が増えることにあるのね

株価が上がる時/時期の特徴

外貨
で、株価が上がる時は、投資家達は皆「本当に上がっていくのか?」と疑心暗鬼です。

また、自分が買った値段よりも、さらに高値で「買いたい」という人が出てこないと、高値で売り抜けることが出来ないので「今、この価格で買ったら、高値掴みになるのでは?」と疑心暗鬼になります。

読者読者

自分が買った値段より、もっと高値でも「欲しい」って人は、現れるからしら?


安いところで買わないと、高値では売れないので、上がっていく株価を、買い上がっていくのは躊躇します。

だから株価が上がる時/時期は、投資家たちの心理が、疑心暗鬼になっている特徴があります。

その疑心暗鬼の投資家心理が、チャートに現れます。

株価チャート上がり

読者読者

暴落時と違って、株価が上がる時は「少しづつ」ね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

「どこまで買い上がるか?」のチキンレースだからね


初心者は、株価が上がると「乗り遅れる」と焦って、高値で株を買ってしまい、その後の下げで撃沈するケースが多いですが、プロの投資家たちは「どこまで買い上がるか?」のチキンレースの中、戦っています。

株価が上がる時や、株価が上がる時期は「少しづつ上昇」になるので、「株価が上がったから」と焦って「上昇に乗り遅れる」と買う必要はないわけですね。

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

株価上昇は、疑心暗鬼の中で育ち作られていくよ


読者読者

「これ以上は上がらないのでは?」の疑心暗鬼の中で、株価は少しづつ上がっていくのね

株価が下がる時/時期の特徴

株価が下がる時/株価が下がる時期の投資家心理の特徴は「恐怖心」です。

「もっと、下がるのでは?」と恐怖心が芽生えて、皆が「損失を増やしたくない」や「早く利益確定の売りをしよう」と慌てて売り始めるので、株価は上がる時より、下がる時の方がスピードが速い特徴があります。

だからこそ、以下の写真のとおり。

株価チャート下り

株価が下がる時は、最後に「投げ売り」が起きて、暴落し、そこが底値になりやすいです。

売らずに耐えていた投資家たちが「あーもう無理!」と最後は、値段を気にせず投げ売りし始めます。

すると株価がさらに下がり、信用取引で買っていた人達に{追証}が出始めて、投げ売りが加速し、暴落するわけです。

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

追証の投げ売りが出始めたら、そこが底値圏になるよ


読者読者

それ以上の下値でも「売ろう」とする短期筋の投資家は、もう、相場にいないものね


投資家には2タイプ「長期投資家」と「短期投資家」がいます。

短期投資家は信用取引を多用して、短期的な利益を狙っている一方で、長期投資家は、長い時間軸で株式市場を見ています。

そのため、目先は暴落があっても、長期投資家は売りません

だから、信用取引で取引する短期筋の追証が出始め投げ売りがでて、最後にドーンと下げたら、そこが目先の底値になるわけですね。

株価が下がる仕組み

金融危機(株価暴落)
株価が下がる仕組みも「需要と供給のバランス」にあります。

株を買いたい人が40人で、株を売りたい人が60人なら、株価は「ちょい下げ」となります。

株を買いたい人が10人しかいなくて、株を売りたい人が90人なら、株価は暴落します。

市場参加者・・つまり、株式市場で株を買ったり、売ったりしているメンバー構成は、そう変わらないので「買いたい」という気持ちになる人が増えれば株価は上がるのです。

一方で「売りたい」という気持ちになる人が増えると、株価は下がります

株価の上げ下げは、需要と供給のバランス具合で決まっているのです。

僕もそうなのですが、初心者は、すぐに、企業業績や、世界経済と紐づけて、株価の上げ下げの理由を理解しようとして失敗しがち。

株価は、需要と供給のバランス具合で決まる本質であり、企業業績や、世界経済は、後付けの理由にすぎません。

株のトレードの本質は【確率2分の1のギャンブル】です。

短期投資で勝つ方法【確率2分の1のギャンブルの勝ち方】株/FX/仮想通貨

ギャンブルというゲームで勝つには、まず本質を理解することが大事。

本質の1つは資金管理です。

絶対負けない投資手法【株の資金管理の方法】ナンピン買い成功のコツの話

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

株の初心者は、投資と思ってギャンブルしてるから負けるよ


読者読者

ギャンブルで勝つには、まず「やっていることは、ギャンブルである」と自覚することね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

冗談みたいだけど、これ本当だよ


読者読者

だから9割の個人投資家は負けてしまうのね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

本質はギャンブルなのに「投資」と思って、ギャンブルしているから負けて当然だよ

売買益に頼らず利益を出し続けるのが資産運用

モルディブ
株式投資は面白いですが「売買益を取れるか?」は、不確実性に左右される要素も多く、計算できにくいです。

よって、運に左右される要素が少ない資産運用を、僕は重要視しています。

読者読者

売買で勝つことに依存せずに、利益を出すのが1番、手堅いわね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

それが資産運用だよ


おすすめの投資先含め資産運用の始め方については、以下の記事が詳しいです。

「初心者向け」少額で始める資産運用の方法【おすすめ運用先】稼げるよ

トライオートFX

まだ、ソーシャルレンディングと、システムトレードについて、きちんと調べたことない場合は、僕みたく食わず嫌いで機会損失しないために1度、確認してみるのがおすすめです。

ソーシャルレンディングとは?高利回りの仕組みやリスク【おすすめ会社も】

株/FXシストレとは?始め方【おすすめ会社や目安資金額】初めての初心者入門

また、運用資金作りでは収入アップが重要であり・・

収入を増やすには、転職はもちろん、副業や投資、資産運用が効果的であり、以下の記事が詳しいです。

毎月5~10万円を稼ぐ僕の方法【副業/投資】編!随時更新

資産運用の始め方!最初はソーシャルレンディングがおすすめな理由

転職エージェントおすすめ比較ランキング【20~30代男女編】口コミや評判も

【既卒/第2新卒】就職エージェント比較ランキング!おすすめは?

なお、最新の【株/FXの取引】を、このブログや、ツイッターで公開中です!

ユーチューブでも、やっています!

ユーチューブ内で「僕のノート」で検索すると出てきます。

僕が使っている「おすすめ証券会社」の情報は、以下の記事で。

株→株式投資とは?儲かる仕組みやリスクを解説【初心者入門講座】

FX→初心者でも簡単!FXの始め方【おすすめFX会社も】1分でわかるよ


スポンサードリンク


よく読まれている記事

【人気】 はじめに【僕の資産運用ノート】のブログの説明です!

【人気】 「初心者向け」少額で始める資産運用の方法【おすすめ運用先】稼げるよ

僕の資産運用ノート

【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「学校では教わらない大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。