日本1の投資家として有名なcisさんの本「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」の内容・要約です。

僕の資産運用ノート
僕の資産運用ノートには、こう書かれています。

この記事を書いた僕のプロフィールはコチラ→30代で【うつ病→失業→その後】なんとか生きてる【僕のノート】プロフィール

★おすすめ★
【永久保存版】デイトレで勝つ方法!勝てるようになるまでの11カ月間の全記録

日本1の投資家cis本「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」の内容要約

株価チャート下り

日本1の投資家cisさんの本「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」の内容・要約は以下のとおり。

アマゾン→一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

僕が個人的に理解した「内容・要約」だよ

株のトレードはギャンブル/ゲーム

本の中で「相場もゲーム(ギャンブル)のひとつとしてやってきた」とありました。

投資と思って、ギャンブルすると負けるので「トレードとは、ギャンブル/ゲームである」と思考を180度、変えることが大事だと感じました。

短期投資で勝つ方法【確率2分の1のギャンブルの勝ち方】株/FX/仮想通貨

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

ギャンブルで勝つ方法を知りたい人にも、cisさんの「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」はおすすめ


読者読者

ゲームで勝つ方法を知りたい人にも、ね

株の勝ち方は広まると優位性を失う

株の勝ち方は、雑誌などで特集され皆に情報が行きわたると、とたんに優位性を失うそうです。

だから僕は、株の雑誌や本を読んで勉強しても勝てるようにならなかったのだと理解しました。

読者読者

基礎を学んだ後は、独自の勝ち方を身につけないとね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

皆が知ってしまうと優位性がなくなる

上がり続ける株は上がり、下がり続ける株は下がる

自分の「こうあるべきだ」でなく「今こうある」という事実を直視すべきだそうです。

だから、上がっている株を買う。下がっている株は買わない。買った株が下がったら売るが基本だそうです。

読者読者

下っていたら「そろそろ反転するだろう」って思いやすいわね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

それが「自分の「こうあるべきだ」」ってわけ

ランダムはイメージより残酷

現実のランダムは残酷で、かなり偏り、大数の法則があてにならないそうです。

ミクロで見ると、確率は、バランスをとってくれないそうです。

で、株はそもそも確率のゲームではないから「バランスは取れないのが当然」であり、上がり続ける株は上がり、下がり続ける株は下がるそうです。

読者読者

上がっている株は「いずれ反転するハズ」と思いがちね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

「いずれバランスがとれるハズ」のイメージがあるわけ


どこまで上がり続けるか?なんて誰にもわからない。

だから勝手な予想はせず、上がっているうちは持っておくのが基本だそうです。

cisさんは、あまり小さな動きは気にせず、ある程度下がった時に売ることが多いそうです。

2度目の押し目で売ることが多いそうです。

「押し目買い」をやってはいけない

どこで反転するか?は誰にもわからないので、反転するタイミングを予想するのは勝手な予想を当てはめているだけ

つまり、予想は誰がやっても50%の精度になるので、予想には意味がないわけで【上がっている株を買う。下がっている株は買わない。買った株が下がったら売る】の基本に忠実であることが大事だそうです。

以下の記事のとおり、予想は当たらない!の大前提が必須。

為替/株【相場予想は当たらない理由】僕の予想しないでFX/株で勝つ方法16日

読者読者

予想で勝とうとすると勝率5割になるわね


ただし統計の確率論的には、上がっている株を買うより、下がっている株を買う方が期待値があります

以下の記事のとおりですね。

明日の株価予想の方法【統計的な確率論の期待値調べ】株ニュース見るな17日目

損小利大

重要なのは勝率ではなく、トータルの損益。

cisさんの利益になる取引は3割ほど。

残り7割はトントンか、ちょい負け

しかし、時々、負け額に対し10倍20倍の金額を勝つことがあるから、勝率は低いがトータルではプラスになっているそうです。

コツコツドカーンで勝つ方法ですね。

僕が株でコツコツ勝ってドカンと負けていた時期を自己分析!勝率2割 笑

読者読者

7割の取引が「ちょい負けorとんとん」なのね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

3日に2日は「ちょい負けorとんとん」で、3日1日、ドカーンと勝つ確率だ

ナンピンは最悪のテクニック

上がる!と思っていた株が下がれば失敗だが、これを100%避けることは不可能

まずいのは、自分の失敗、敗北を認められずナンピンすること。

ナンピンは失敗にも関わらず、ロッドを増やす(賭け金を上げる)ので矛盾している。

すべきことは、失敗を認め迅速に撤退すること。つまり損切。

読者読者

事業でも「迅速な損切」が1番難しいものね


ナンピンとは、事業で失敗したのに、失敗を認めることができず、グダグダと続けて赤字を増やしてしまう最悪な方法だと言うことですね。

経営において、撤退の判断が1番難しいですが、損切できるか?は、この話と同じなのだと思いました。

損切した株がまた上がりだした時に買えるか

小さな損はかまわない。というよりも避けられない

重要なことは損をしないことでなく、大きな損をしないこと。

cisさんは「大けがだけはしない」の方針で資産を築いたそうです。

で、損切した株が、また上がりだした時に買うには「①損切で失敗を認める」に加え「②損切も失敗だったことを認める」で2重の失敗を認めることになるので精神的に難しいのですが、それが必要だそうです。

手数料はかかるけど、それが基本で、何回でも繰り返すしかないそうです。

3回以上も繰り返し全部外したら「この銘柄は読めない」と手を引くそうです。

局所的な勝敗を気にしても意味がないから。

損切ラインは数値的な基準は一切ない

値動きを見て1時間後には今より下がっているんじゃないか?と思った瞬間に売ってしまうそうです。

長く持とうとして買った株でも、値動きが怪しくなれば、すぐ損切するため、結果的に、長く持っている銘柄は、すごく上がった株だけになり、勝率も3割程になるそうです。

だからこそ、24時間以内に決済する予定で売買したトレードは勝率6割ほどあるそうです。

読者読者

損切の数値的な目安は、ないのね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

値動きを見て、損切してるみたい

精神論でなくロジックで考える

勝てる勝負があるなら、やればやるほどプラスになる。

辞めときを考えるのは、いずれバランスが取られていくだろうの発想からくる精神論にすぎない。

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

運や流れの発想は、ロジックを優先する思考の妨げになるって


読者読者

人生論を勝負の世界に持ち込んだら勝てないわね

相場もギャンブルもプレイヤー全員が負ける

株なら、手数料と税金、ギャンブルなら場代があるので基本的にはプレイヤー全員が負ける

その中でも、自分の状態を直視できない人が大きく負けるそうです。

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

株もスロットも、短期的にはゼロサムゲーム


読者読者

だから株トレードは、ゲームであり、ギャンブルなのね

リスクヘッジは無駄

「勝ちたい」という気持ちより「損したくない」の心理を制御しないと相場で勝つのは不可能だそうです。

大きく勝つ可能性がある買い方をしないと、リスクをとって売買する意味がない

リスクとリターンの折り合いが大事。

cisさんは、リスクとリターンの比較を「効率」と呼んでいて「効率のいい取引」を意識しているようです。

相場というのは、リスクは絶対にあるので、リスク恐怖症だと、株を買えない。

ピンチとチャンスは紙一重。結果は受けいれるしかない。

読者読者

「損したくない」だと、そもそも、株式投資なんて、できないわね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

リスクを怖がりすぎると、機会損失しちゃうわけ

とにかく仮設を考える

すでに常識になっているようなものではなく、まだほとんどの人が考えていないものの中で・・

①明確なロジックがあるもの

②誰も指摘していないしロジックは不明だが経験則として明確な関連が認められるもの

が、勝つ手法となるそうです。

個人的には、これはシストレのバックテストで探すのも1つの方法だと考えています。

株のシステムトレード【僕のおすすめイザナミ】バックテスト無料で出来るよ

知られていない攻略法が眠っているのが相場

業種は違うが連動する銘柄があったり、ロジックは不明だが、事実、そういうことが起こっているのが相場。

2匹目のドジョウは、マーケットから学習して、儲かっているだろう事象をすぐやること。これでも、それなりに利益を上げることができる。

ただし、株雑誌等に取り上げられたりと、世間に広がりだしてからやるのは3匹目のドジョウ。

多数の人が知っている知識で他人を出し抜けるハズがない

読者読者

株雑誌を読んで「コレだ」とか思っているうちは、勝てないのね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

自分で独自の攻略法を見つける必要があるわけ

適正な価格なんて存在しない

明らかなバブルはあるが、適正な価格なんて本質的には存在しない。理由は、買った値段より高く売れたら儲かるから。

よって、過去と比較して考えない方がいい

cisさんは「割安」という判断が主管に過ぎないのに、割安銘柄への長期投資をして最初の頃は負けていたそうです。

企業の価値を株価が正しく反映していないのではなく、株価こそが答えであり、世の中の総意として適正と見なされている数字と考えるべきだそうです。

加えて「割安」は、誰でも知っている情報であり自分に優位性がないそうです。

株式市場は、公平や平等の概念で動く場所ではないそうです。

読者読者

適正価格をイメージすると「思い込み」が出来て負けるわね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

「こうあるべきだ」の自分勝手な思い込みが、負ける原因

いい人になれば簡単に破産できる

cisさんの元には「お金を出して下さい」的な、お願いがたくさんくるそうです。

いい人になって、お金を出していたら半年で破産するそうです。

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

いい人でいると、うつ病になるよ


うつ病

僕は、いい人のせいで、うつ病になり失業しました。

【実話】仕事でうつ病になって退職するまでの流れ!僕の実体験とその後

読者読者

「いい人」は他人から見た際の「いい人」ですものね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

「いい人」になったら、ヤバいよ

早い人は早い。遅い人は遅い

億を稼ぐような人は概して攻撃型

cisさんは、どちらかと言えば守備型で、損切・損切しながら機をうかがうタイプだそうです。

ジェイコム事件で、買わなかった人達は、投資の世界では、あまり生き残っていないそうです。

早い人は、いつでも早く、遅い人はいつでも遅い。投資家としては、早い人の方が適正があるそうです。

読者読者

早くないと、皆に広まってから、皆と同じことしちゃうものね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

リスクを嫌いすぎると、行動が遅くなるわけ


ちなみに「早さ」とは「頭の良さ」ではなく「行動を起こす早さ」のことだそうです。

不確実性のあるリスクある段階で、行動を起こせないと、リスクがなくなってから動くようでは、リターンもないので、投資の世界では生き残れない・・ということでしょうか。

AI取引について

AIの性能が向上しても、AIに多額の金の運用を、リスクある運用として行わせるのは運用元/株主の面で難しいから、リスクをとれるのが人間の強みだそうです。

「頭ではわかる」と「実践できる」の違い

ネット副業

cisさん曰く「シンプルな勝ち方をしている。でも「頭でわかる」と「実践できる」は違うから、そう真似できない」だそうです。

僕はスロプロ時代に「期待値の高い行動をとり続ける」の訓練をさせて頂けているので、あとは「期待値」だけ

株!いつ何を買う?【期待値の考え方】僕の期待値を元に売買する方法8日目

だから、ずっと、シストレのバックテストで、期待値調べをしていたのですが、どうにも首が痛くて、ここ数日、完全休養していました 笑

株のシステムトレード【僕のおすすめイザナミ】バックテスト無料で出来るよ

読者読者

ブロガーもユーチューバーも、株も、と、するからよ


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

休日なく長時間、パソコン作業を続けられる【首】が欲しい 笑


ただし、相場は逃げないので、焦らず首を治しつつ、また、コツコツとやっていく予定です。

ちなみに6月の成績は以下のとおり。
6月成績
0勝4敗-32207円

期待値がわからないのに取引しても無意味であり、株をギャンブル的に楽しんでも良いけれど、純粋なギャンブルとして遊ぶ場合には、どうも面白さを感じないので、取引していない状況です。

ただ、多分、もう少ししたら、稼働できるレベルの期待値は見つかりそうなので、その後は、毎日のように取引することになると思います。

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

ただし、機械的な取引だよ


読者読者

面白味のない取引ね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

ギャンブルとしてやる方が、面白いんだろうけど・・

株で勝てるようになるまでは資産運用でコツコツ稼ぐ

釣り

株で勝てていないのに、呑気に釣りに行ったりもしている理由の1つは、資産運用でコツコツとお金は増え続けているからです。

焦ったら死ぬのが株なので、焦って取引して負けて、萎えて株を辞めないためにも、資産運用でお金を地道に増やしつつ、株の勉強や研究をすることが大事だと思っています。

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

焦って取引開始すると死ぬ!


読者読者

2回も、それで失敗しているものね


おすすめの投資先含め資産運用の始め方については、以下の記事が詳しいです。

「初心者向け」少額で始める資産運用の方法【おすすめ運用先】稼げるよ

トライオートFX

まだ、ソーシャルレンディングと、システムトレードについて、きちんと調べたことない場合は、僕みたく食わず嫌いで機会損失しないために1度、確認してみるのがおすすめです。

ソーシャルレンディングとは?高利回りの仕組みやリスク【おすすめ会社も】

株/FXシストレとは?始め方【おすすめ会社や目安資金額】初めての初心者入門

また、運用資金作りでは収入アップが重要であり・・

収入を増やすには、転職はもちろん、副業や投資、資産運用が効果的であり、以下の記事が詳しいです。

毎月5~10万円を稼ぐ僕の方法【副業/投資】編!随時更新

資産運用の始め方!最初はソーシャルレンディングがおすすめな理由

転職エージェントおすすめ比較ランキング【20~30代男女編】口コミや評判も

【既卒/第2新卒】就職エージェント比較ランキング!おすすめは?

なお、最新の【株/FXの取引】を、このブログや、ツイッターで公開中です!

ツイッター内で「僕のノート」で検索すると出てきます。

ブログでは、カテゴリー内にある【取引記録】に最新結果があります。

ユーチューブでも、やっています!

ユーチューブ内で「僕のノート」で検索すると出てきます。

僕が使っている「おすすめ証券会社」の情報は、以下の記事で。

株→株式投資とは?儲かる仕組みやリスクを解説【初心者入門講座】

FX→初心者でも簡単!FXの始め方【おすすめFX会社も】1分でわかるよ


スポンサードリンク


よく読まれている記事

【人気】 はじめに【僕の資産運用ノート】のブログの説明です!

【人気】 「初心者向け」少額で始める資産運用の方法【おすすめ運用先】稼げるよ

僕の資産運用ノート

【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「学校では教わらない大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。